インターネットラジオ,インターネット,インターネットエクスプローラー,速度

MVNOの仕組み

  前回の記事でSIMカードの陰謀をご説明しました。

 

  ところで、携帯電話機本体は携帯電話会社が製造していません。

ソニー、富士通、シャープ、京セラなどの国内メーカーやアップル、サムスンなどの海外メーカーが製造してます。メーカーはドコモ、au、ソフトバンクの依頼でSIMロックの仕組みを載せた携帯電話を供給しました。

 これらのメーカーは依頼がなければSIMロックされていない携帯電話機を他の国で販売しています。

 一部の人が海外で購入した携帯電話端末を日本で使いました。

SIMカードを入れ替えて好きな携帯電話会社の電波で通話する人たちです。

 

 そうすると、政府も含めて機運が盛り上がり、SIMフリー化を携帯電話会社の義務にしました。一定の期間が経過すると携帯電話会社が利用者からSIMフリー化を希望されると対応します。

 

SIMロックを外してくれるわけです。

 

 携帯電話会社は納得できませんが、政府の政策として打ち出されたのでしぶしぶ従ったということです。

 

 同じころ、ドコモ携帯電話機を使っている人に基本料と通話料を安く提供するSIMカードを販売する会社が出てきて、一部の人に大きくされました。

 

ドコモのSIMロック携帯電話機はドコモの電波しか受けられないはずです。

 

からくりはこうです。

 その会社=日本通信はドコモから電波を借りていました。ドコモの電波を借りてその代価をドコモに払って運営しているサービスです。薄利多売でやると、ドコモの契約より安い基本料金や通話料でも利益がでるビジネスモデルです。

 ドコモの電波を借りていたので、ドコモのSIMロック携帯電話機でも日本通信のSIMカードは使えるのです。

 普通の商品として電波を考えると、普通の形態です。

  ドコモ=メーカーは自社で直接販売もするが日本通信に卸売りもする。

そんな感じです。

  このような事業者=日本通信が MVNO す。

 

  最初は日本通信から始まりましたが、今はすごく沢山のMVNOがあります。

例えば、楽天モバイル・イオンスマホ・J:COM・ワイモバイル・・・・・・です。

ドコモに使えるMVNOだけでなくau,SOFTBANKから卸されてSIMカードを販売している会社もあります。

  MVNOはおおむねドコモの電波を使用しているところが多いです。

関連ページ

MVNO選びの基準
インターネット回線は一人暮らしでは必須です。 大学では課題提出、レポート作成のための文献検索、履修登録や講義連絡、就職活動での情報収集に使います。 アルバイトの求人探し、新幹線の回数券購入、音楽、ラジオ、動画、ゲーム、youtube,ブログなどにも必要です。