インターネットラジオ,インターネット,インターネットエクスプローラー,速度

高すぎるインターネットにかかわる費用を削減する!!!

大学生にとって有効なネット節約法を紹介します。
 
    大学生にとって、生活や卒業のためにインターネットは必須の時代になっています。
いろいろな事にお金がかかるので、インターネットにかかる費用も節約が大事です。
ただ、安ければよいということではなく快適に使えてリーズナブルなことが肝心です。
 
結論から言うと

 

容量無制限のモバイルWifi

                                                                              

 が最強の節約術です。

 

     なぜ、容量無制限のモバイルWifiが最良の選択なのか?

それでは、順をおって誰でもわかるようにご説明します。

 

大学生は何を使ってネットに接続しているか?

 

  まず、ハード(機器)の面からみてみます。
20代前後の方々がインターネットに接続する機器は主に以下のようになります。
 

1.スマートフォン・タブレット
 
2.パソコン
 
3.ゲーム機・テレビ

 

グラフからわかるように、2013年にパソコンとスマートフォン・タブレットの利用率が逆転しています。
 

(出典)総務省「通信利用動向調査」

 

 

 パソコンは、主に有線の回線かWIFIでインターネットにつながっています。
スマートフォンは主にキャリア(携帯業者:ドコモなど)からの無線かWIFIでインターネットにつながっています。
タブレット(ipadを含みます)やゲーム機はWIFIでつながっているのが多いでしょうか?
テレビはパソコンと同じく、主に有線の回線かWIFIでインターネットにつながっています。
整理すると以下のようになります。
 
1.有線回線
 
2.無線回線
 
3.Wifi

 

  要するに上記3種類(有線回線・無線回線・WIFI)のどれかでインターネットに接続・利用しています。
では実際の支払=契約はどうでしょうか?
一般には、以下のような方が一番多いのではないでしょうか?

  • 自宅に親が引いた有線回線がある。
  • 自宅のWIFIがある。
  • スマホ・パソコン・ゲームは自宅ではWIFIで使用している。
  • スマホは、外出先では無線回線(au、ドコモ、ソフトバンク)で使用している。

 

 上記のような場合には、線契約は最低2回線あります

  1. 固定回線→NTT光、AU光など
  2. 携帯キャリア回線→DOCOMO,au,ソフトバンク,格安スマホなど

 

の2回線を1契約で集約できるのが

モバイルWifiです。

 

WIFI(自宅)は回線ではありません。
インターネットに直接つながっていません。自宅の固定回線の入り口(WIFIルーター)からWIFI電波が出ているので、契約は固定回線です。
 
詳しくは「インターネットの電波の違い WIFIとは?」をご覧ください。
 
 
 

モバイルWifiでできること

前にお話ししたように、学生生活では自宅と外出先の2か所でインターネット接続が必要です。
また、どこでも電話ができなければ」なりません。
これを、モデルケースでわかりやすく説明します。

 

一般モデル(固定回線+モバイル回線+携帯音声回線)

キャリア

音声回線

モバイル回線

固定回線

回線料金

合計

ドコモ
(データM 5GB)
(カケホーダイライト)
(spモード)

1,700

5,300

NTT光

マンションタイプ

プラン1(3250円/月)

プロバイダ

(+900円/月)

Wifiルーター

(+300円/月)

工事費

(+400/月)

4,850

11,850

ソフトバンク
(データ定額 5GB)
(通話定額ライト)
(ウェブ使用料)

1,700

5,300

4,850

11,850

au
データ定額 5GB)
(スーパーカケホ)
(LTE NET)

1,700

5,300

4,850

11,850

驚くことに、音声かけ放題、データ5GBで3キャリアまったく同じ月額です。NTT光をセットして考えました。

 

割と平均的だと思いますが、これだけで月額12000円です。
勿論、スマホの端末本体代は別です。

 

出典
ドコモカケホーダイ料金:https://www.nttdocomo.co.jp/charge/new_plan/bill_plan/plan/index.html
ドコモデータ料金:https://www.nttdocomo.co.jp/charge/new_plan/bill_plan/packet/
ドコモsp料金:https://www.nttdocomo.co.jp/service/spmode/index.html
ソフトバンク料金:http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/sumahodai/smartphone-light/
au料金:https://www.au.com/mobile/charge/smartphone/plan/s-kakeho/
NTT光マンションタイプ料金:https://flets.com/next/mn/fee.html
NTT光オプション料金:https://flets.com/next/mn/device.html
NTT光プロバイダ料金:https://flets.com/next/mn/isp_index.html
NTT光の工事費は総額:15800円です。
 
 
モバイルwifiモデル(モバイルWifi回線+携帯音声回線)

 

キャリア

音声回線

モバイル回線

固定回線

回線料金

合計

ドコモ
(カケホーダイライト)

1,700

0

Wimax2+

ギガ放題

基本料金

(4880円/月)

 

長期割

(-500円/月)

 

初期費用

(3000円)

4,380

6,080

ソフトバンク
(通話定額ライト)

1,700

0

4,380

6,080

au
(スーパーカケホ)

1,700

0

4,380

6,080

MVNO
楽天モバイル
3.1GBプラン

1,600

 

0

4,380

5,980

3キャリアはデータ通信なし、外出先でも自宅でもデータはWimax2+のWifiが使用可能です。
私なら、MVNOを使います。楽天モバイルのSIMなら3.1GBを外出先で使えて1,600円です。

 

これで、月額は半額、月6000円安くなります。

 

楽天モバイルはスマホ本体込みで1880円/月からのキャンペーン
wimax2+は2726円/月のキャンペーン
をやっているのでそのキャンペーンを使うと以下のようになります。

 

キャリア

音声回線

モバイル回線

固定回線

回線料金

合計

MVNO
楽天モバイル
プランS(2GB)
本体込み

1,880

 

0

Wimax2+

ギガ放題

BroadwWimax

2,726

4,606

楽天モバイルはスマホ本体込みで、外出先でも自宅でもデータはWimax2+のWifiが使い放題です。

 

これで、月額は半額以下、月7000円安くなります。

 

【BroadWiMAX】公式サイト


楽天モバイル公式サイト